Seeing into Being フェイズ1 第二部 01~07

リラックスする・・・つながる・・・そして黄金時代を創りだす

このめい想は金時代について語られているバップダダのムーリーからの引用に基づいています。

毎日、「リラックスする・つながる・創造する」という3つのステップを使いながら新しいムーリーの引用に基づいてめい想します。ぜひ、めい想コメンタリーを活用したり、文章を活用したり、引用に基づいて自分自身のめい想を創造してみてください。

 

毎日、世界中のBKがこの資源を活用するように心から願っています。

私たちにはクリエイティブに金時代を創立していく者としての素晴らしい才能があります。

さあ、皆で一緒に金時代を現実のものにしていきましょう。


01:黄金時代に向けての努力

瞑想コメンタリー(BOX)

https://app.box.com/s/a1h80vl4igwzqhwi8d5xpumw8y6zlhcs

 

PCによってはBOXでデータをダウンロードできない場合があるため、

2種類のURLを貼りつけています。

 

どちらも同じコメンタリーデータです。

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
01EffortfortheGoldenAge_Japanese.docx.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 227.8 KB

リラックス

ゆっくりと呼吸をしながら、自分の中心に深く入っていきます。一息ごとに、内なる静けさの中心へと、深く、深く入っていきます。心にあるおしゃべりやノイズを消すスイッチが心の奥深くにあると考えてみます。さあ、スイッチを消して、深い静けさに没頭してリラックスしましょう。

 

 

 つながる

心の中で旅をしていると考えてみましょう。物語や音の世界から遠く、遠く離れた世界です。

音の世界が消えるにつれて、内側に、静けさが増していきます。

深呼吸をします。吐く息と共に、音の世界は消えてなくなり、私、光り輝く魂はババとスウィートで静かな会話を始めます。そよ風のようになり沈黙の美しい世界に浸り、神のやさしく心地よいエネルギーを吸収します。

 

私を全て手放します。この瞬間、ただ、ババが私と共有したいものを受けとります。少し時間をかけて、ババのエネルギーを受け取ります。黄金時代の明確なビジョンを創る準備が出来たと感じます。

 

 

創造する

では、黄金時代に向けて必要な努力をバップダダのムーリーから引用しましょう。

 

今この時、人生に新しさをもたらし人生という建造物を美しく完全なものにする誰もが新しい世界の完全なる王国の幸運と美しさを手にします。

結果はまだ外に現れませんが、スピリチュアルな達成を得るという高い目標を持ちましょう。

 

新しい私を創る努力のひとつは、本当の私ではない全てを手放すことです。自分の内側に最高の黄金時代の記憶があります。やさしくババを瞑想にいざないます。深い呼吸をして、その記憶が現れるように準備をします。私は黄金時代にいる、とイメージします。
自分の内側にあると感じる特別な資質は何でしょう? 

  

わたしの周りにある自然を見てみます。そよ風を、足の裏に柔らかい芝生を、私の周りの空を感じられますか?

新鮮な空気を吸って、純粋な黄金時代の意識の記憶を自分に染みこませていきます。

 


2:目覚めていても眠ってもいても同じような感覚

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
02 Similar Feelings Whether Awake of Asl
Adobe Acrobat ドキュメント 367.2 KB

リラックス

 

 しばらくの間、静かでいられる場所に心地よく座ります。深い呼吸をします。息を吐きながら足 の力を抜いていきます。私はリラックスしています。もう一度深い呼吸をします。息を吐きなが らお腹の力を抜いていきます。さらにリラックスしていきます。深い呼吸をします。息を吐きな がら腕、肩の力を抜いていきます。完全にリラックスしています。

 

 

 

つながる

 

リラックスしている状態で、私は自分の中心とつながっています。真実の私とつながっていま す・・・わたしは永遠の魂・・・今、最も美しい存在であるババとつながるのは簡単です。すべ ての魂を癒し、元の状態に回復してくれる源とより近いつながりを感じます。波のようにやって くるババの癒しのエネルギーを体験しています。ババが全身を軽くスキャンして癒しのエネルギ ーを送ります。ババとつながり、完全にリフレッシュしたと感じます。私は、美しい新たな世界 を生み出す準備ができています。

 

 

創造する

 

では、バップダダのムーリーから、目覚めていようと眠っていようとどちらも似たような感覚だ という体験を創っていきましょう。

 

 

黄金時代は本当に愉快な時代です。鳥の鳴き声というスウィートな音楽で目覚めます。朝目覚め る時間は早いけれど、疲れは感じません。目覚める前にすでに起きていたかのように感じます。 黄金時代、自然の5 つの要素はディティにとって幸福の道具です。自然の要素には常に秩序があ ります。私は要素のマスターです。天国は暑すぎることもなく寒すぎることもありません。常春 です。全てが豊富にあります。あくせく働く必要もありません。ハードワークもなければ、知的 労働もなく、重荷もありません。そのような訳で、眠っていることと目覚めていることは黄金時 代では同じことなのです。

 

 

深呼吸をします。息を吐くときに目を閉じます。今、鳥の歌声のスウィートな音楽でやさしく目 を開けて目覚めます。自分が最高に美しい部屋の中にいるのがわかります。窓から外を見ると、 こがね色の太陽が昇っています。私は平和で純粋な場所にいるので、目を開けるとすぐに目覚め ます。それはまるで眠っていても目覚めていてもどちらも変わらないかのようです。

私は自らが純粋な存在だと気づいています。自己主権の感覚、自己を統制している感覚がありま す。安心感、落ち着きがあるのでただいるだけで幸せです。懸命に努力したり分析をしたりする ことはなく、とてつもないほどの喜びの感覚だけがあります。数時間が過ぎ、今は夕暮れ時で す。表に出て純粋な春の空気を吸い込みます。完全な春の夕暮れ時です。一日たちましたが疲れはありません。満足感だけがあります。頭を枕にのせる眠りの時間になりました。世の中を心配 しない生まれたての赤ちゃんのように、すぐに眠りに落ちていきます。


3:サトプラダーン

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
03 Satopradhan_Japanese.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 425.1 KB

リラックス

 

朝の静かな山の湖を想像します。その山の湖の静けさと美しさに気づいています、それが呼吸とともに私の中にしみとおってきます、そして私はその水のように静かなものになります。しばらくの間私はこの静けさに浸ります、そして今感じている平和を味わいます。

 

 

  つながる

 

息を吸って、吐く・・・深い呼吸を続けます・・・吸って、吐いて・・・私の内なるスピリチュアルなエネルギーとつながるにつれ、私は自分自身が、とても大きな物質の宇宙の中にただよう、限りなく小さな魂であることがわかります・・・そこにただよっていますがそれとは別の存在です・・・ 軽く・・・重さがなく・・・ 自由です・・・ 今物質の世界を1秒で溶かし込みます、そして神との自然なつながりへと入ります。物質の世界が溶け込むにつれ、愛ある神の光の波が私のもとへ打ち寄せてきます・・・ それは私を落ち着かせ、リラックスさせます・・・属しているというスイートなフィーリングへと連れて行きます。この属している気持ちで、私は純粋な愛の世界を楽に想像することができます。

 

 

創造する

 

これからバップダダのムーリーから、自然のサトプラダーンな質の体験を創造しましょう。

 

金の時代はすべてがサトプラダーンです。自然も含め、すべてがサトプラダーンです。すべて穀物、水、大地は新しいです。私が受け取るすべてがファーストクラスです。一人一人にファーストクラスの花とファーストクラスの木がある自分のファーストクラスの庭があります。 空気さえもファーストクラスです。私は限りなく幸福です。自然の5つの要素さえ幸福の道具です。

 

 

 

 バップダダの光に抱かれながら、私は心を新しい世界へ向けていきます。目という窓を通してみているのを想像します。私の中にある光を感じます、それは限りがなく、そして至福の光です・・・それはまるで空を超えて届くかのようです。まわりを見ると美しい庭が見えます。自然から放たれる光があります・・・ 星明かりで光を放っているかのようです。鮮やかな色彩に気がつきます。私の前にあるこの庭の、どんな美しさを見るでしょう?私は 完全にその時にいます。このファーストクラスの世界でくつろぎながら、自分の中にどんなフィーリングを感じるでしょう?鳥や木々の間でそよぐ風が奏でる音楽に耳をかたむけます。上を見ると風がやさしく木の葉を揺らすのが見えます、 そしてフレッシュな空気を味わいます。この純粋な世界をどう感じますか?

 

それでは深呼吸をして、息を吐きながらこの世界へ戻ってきます、私はリフレッシュし、よみがえり、リチャージしています。

 


4:豊かさと純粋さ

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
04PlentifulandPure_Japanese.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 217.8 KB

リラックス

心地よく座り、両足を少し開いておきます。手は片方ずつ足の上に置きます、手のひらは上向き でも下向きでも構いません。背筋は伸ばして心地よく座ります。深呼吸をして、自分の中の静か で深い所でリラックスします。もう一度深呼吸をして、もっと深い所へと行きます。もう一度深 呼吸をします、そして今私は完全に静寂な場所に来ました。

 

 

 

 つながる

この静寂な場所で、私は自分が脈打っている輝く光の存在であることを自覚します。私の内なる 光とハートを、スイートで愛らしいババに合わせます。ババは今私とともにいます。私は言いま す“愛しい愛しいババ、あなたは私のものです、そして私はあなたのものです。彼は沈黙を分か ち合い、私が穏やかで満足していることを援助しています。私は深い満足と、ババとのより深い つながりを体験します。 このつながった状態で、私はすべてに対する崇高な気持ちと崇高なドリシティを体験します。 私には今、崇高な考えと崇高な世界を創造する力があります。

 

 

創造する

バップダダのムーリーから豊かさの体験を創造します。

 

天国ではすべてが豊富にあります。

 

 大地はすべてとても肥沃で農夫は作物を育てるために苦労はしません。川 の 水 は 豊かで、 たくさ んの 穀物 が あります。金の時代の穀物はとても安くて良質です。大地は完全に純粋で、そのため そこの全ても完全に純粋です。私は完全に純粋なものを食べます。すべてが、小麦や米さえも自 然にスイートです。 36 種類の様々な食事が準備されますが、私は少しだけ食べます。

 

 

このババとつながっている愛のある場所で、私は深呼吸をします。そして金の時代の記憶、豊か でいる気持ちの記憶を思い出します。私は自分の中の深いところで、自分がそこにいたこと、そ の豊かな世界を体験していたことを知っています。この沈黙の中で、その記憶がよみがえります。   私の神聖な質とは何でしょうか? この新しい世界で繁栄している自分自身を見ます。豊かで純粋な世界で、体の中にいる魂である というのはどのような体験か、気づきます。 

 

私は純粋で栄養のある食べ物がある場所にいます。私は満足し、生き生きとして、少しの量だけ を食べます。庭に流れる川のほとりに散歩に行きます。やさしく果物をもぎ、それを食べます。 それを味わいます。とても香り豊かでスイートです。私はさらに、透明に澄んだやさしく流れる 川のほとりへと降りていきます。水は全くけがれがなく純粋です・・・私はそれをじっと見つめ、 その魅惑的な美しさに没頭します。 

 


5:動物とのつながり

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
05ConnectionwithAnimals_Japanese.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 217.6 KB

リラックス

 

顔の筋肉の全てにギュッと力を入れます。その後リラックスして息を吐きます。今度は胸、腕、 手の筋肉にギュッと力を入れます。その状態を保ちます。ではリラックスして息を吐きます。同 じことを足に行います。足の筋肉に力を入れ、その状態を保ち、そして力を抜きます。リラック スして息を吐きます。最後に体全体の筋肉にギュッと力を入れます。その状態を保ち、そして力 を抜いて息を吐きます、すべての筋肉が緩み、柔らかくなり、リラックスするのを感じます。私は体を手放して光に入っていく準備をするため、自分の体に柔らかいと感じさせます。  

 

 つながる

私は自分の中心にいて、静かな沈黙の状態で深く安らいでいます。私の上に流れ込んでいる純粋でクリーンな神の光の滝を感じます。この光は、私のもはや必要としないすべてを洗い流す、リフレッシュする水のようです。この光が私に注がれるにつれ、それはあたかも、私の体が洗い流され、純粋な光の体だけが残るかのようです。この純粋な光のほとばしりが私を満たし、清潔にし、癒すことを続けます。光が古い世界を洗い流すにつれ、私は新しい世界のビジョンを創る準備ができます。  

 

創造する

バップダダのムーリーから、金の時代に私たちが動物と持っていたスイートなつながりの体験を 創ります。

 

 

金の時代、人間はごくわずかで、動物もわずかです。牝牛はとても美しくファーストクラスです。 動物たちもお互いを愛し幸福を与えます。ライオンと子羊が同じ池で一緒に水を飲みます。鳥は ファーストクラスの美しさです。人間があるように、まわりのものがあります。そのためすべて がとても美しいのです。バラットは黄金の雀になります。

  

ある人たちは心に描きます。感じることが容易な人もいます。この金の時代の瞑想の中で自分が 持つ体験の全てを信頼しましょう。 自分が風にそよぐ美しい木を見渡す中庭に座っていると想像します。遠くに川の流れる音が聞こ え、まわりには野生の動物がいるのが見えます・・・動物たちは私を怖がらせるのではなく、私 を楽しませ、私と一緒にいたいと思っているように見えます。私は彼らと完全に楽しみます。鳥 は木の上で歌い踊ります。シカは私をスイートなやさしいドリシティで見つめます。すべての命 ある者の間にこれほどの安心と愛がある、それはどのように感じるでしょう? とても深いやさしさの世界に生きるとはどのような感じでしょう? この、自分のまわりの命ある者とのスイートなつながりを味わいます。 

 

 


6:自然な娯楽

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
06NaturalEntertainment_Japanese.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 217.8 KB

リラックス

 

心地よく座り、両手は組まないで楽に置いておきます。壁や天井のどこかに、焦点を当てる場所を見つけます。絵やキャンドルでもよいでしょう。そこにやさしく目を置きます。そして深呼吸をします。息を吸って、止めて、吐きながらリラックスして心をクリアにします。もう一度深く心地よく息を吸います、止めて、息を吐きます。息を吐く、それは毎回、体がリラックスする時間であるというシグナルです。

1回-リラックスして息を吸います、そして緊張や心配の全てを吐き出します。

2回-もう一度深く息を吸います、そして心をクリアにしながら息を吐きます。

3回-もう一度深く深呼吸します。自分がどのくらいリラックスしているか感じてください。 

 

 つながる

完全にリラックスすると、私は自然にカランカラバンハーのババとつながっていることを感じます。私・魂が何をしようと、私・魂がどこへ行こうと、ババは私とともにいます。ババの美徳は私の美徳です。ババの仕事は私の仕事です。ババは私に行為をすることを促します、そして彼はいつも私とともにいます。ババはカランカラバンハーです、そして私はコンスタントに彼と結合しています。私・魂は行為をする者であり、ババは私に行為をすることを促す者です。私はカランカラバンハーのババとつながっています。このスイートなつながりの中で、私は導かれていることを感じ、新しい私と素晴らしい世界のビジョンを創ることが簡単であることを感じます…。 

 

創造する

バップダダのムーリーから自然な娯楽の体験を創りましょう。

 

そよ風は自然に風を送ってくれるものであり、娯楽の道具になります。風が吹き、木がそよぎ、枝や小枝が動きます。この動きを通して自動的に自然な音楽が奏でられます。鳥も私のシグナルで、様々な美しい鳴き声や姿を見せ、楽しませます。そこで暑いために扇風機が使われることはありません、自然自身が私に風を送ります。創造物は私の子供として、世界の両親のためにその葉を動かしていろいろな音楽を奏でます。木の葉がそよぐ音は様々な自然の音楽を創ります。法に従い、5つの要素は私に奉仕をする準備ができています。すべてが新しいです。限界はありません。すべてが本物です。

 

  

 金の時代の自然な娯楽に浸り、私の心はとても静かです。私は庭をはだしで歩いています。足の 下に柔らかな大地を感じます。木の上にいる鳥に注意を向けます。鮮やかな羽の色が木を虹色に 彩ります。鳥たちとの言葉のないコミュニケーションを感じます。私の存在を感じると、彼らは 美しい旋律のさえずりで楽しませます。その美しい音色と自然の素晴らしいメロディーの全てに、 私はうっとりします。かぐわしいそよ風がとても心地よくそよぎ、個々の美しさをさらに際立た せます。  


7:大地と海

ダウンロード
瞑想コメンタリ―テキスト
07LandscapesandOcean_Japanese.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 286.8 KB

リラックス

戦いの世界を手放します。自分をリラックスさせ、“何かを起こさせようとする”ことの微妙な 形を解放します。これからしばらくの間、自分の自然なペースでただ呼吸をします。息が入り、 出ていくのを感じます・・・入って、出る・・・入って、出ていく・・・ビジュアライズしたり 何かスピリチュアルなことをする必要はありません。ただ呼吸に意識を向け、私を通して呼吸が 起こっていることを感じ、私はリラックスしていきます。 

  

 

 つながる

私はババの道具です。これは、私がババと結合しているということです。私・魂はババなしに存 在することはありえず、そしてババは私なしに存在することはありえません。毎秒、一呼吸ごと に、ババと私は結合しています。 私は彼がともにいることに、そして彼のパワーに気づきます。この気づきは私を力強くします。 これはドラマの運命です。誰も私をババから離すことはできません。.ババと結合しているとい うドラマの運命は、私・魂を自由にします。この気づきの中で、人生は喜ばしいものになり、幸 福な世界のビジョンを創ることが簡単であると感じます。 

 

創造する

バップダダのムーリーから、大地と海の体験を創りましょう。

 

金の時代には、すべての大地と海が私のものです。海は一つだけです。

 一つの父の一つの王国 だけがあります。国境はありません。地球全体とすべての海が私のものです。すべての空が私の ものです。自然は、私を神の崇高な子供であると考え、私に奉仕をします。いつも敬意を払い続 けます。

 

 

深呼吸をして、心の中に、私のものである大地、空、海がどのようであるか示すよう、ババを招 きます。ババのサポートを求めた後、自分が星空の下にいることを想像します。この神秘的な光 の天蓋の下にいるのはどんな感じでしょう? 母親が子供を満たすように・・・大地、空、海が、やさしさと純粋なエネルギーで私を抱くのを 感じます・・・この自然との親密なつながりをどのように感じるでしょう? 大地、空、海に属しているという感覚を持つのはどんな感じでしょう?