ゴピの宝箱(20180322クラスより)                                                                    シュリマット・マンマットに従うこと

 

5/28(月)[ババは食べ物の純粋性の香りを取り、パワーで満たします]

ババにボーグをオファーすることはとても簡単なことですが、魂に対してとても多くのことができます。つまり、私たちが食べ物の香りを自分たちが取る前にババにオファーするということです。するとそのオファーの時に欲求が終わります

 

何故、“情欲は最大の敵”なのでしょうか?それは、私たちが長い間、物事から香りを取り続けてきたからです。シュリマットに従うと、最初にその香りを取ることをしなくなります。“香りを取る”というのは、とても微妙なことです。目でさえその香りを取ってしまうことがありますね?シュリマットに従う中で、特に食べ物に対して重要なことがあります。ババはオファーした時の純粋性によってその香りを取ります。そしてその食べ物にパワーを満たします。私たちがその食べ物を食べると、力を体験します。

 

5/29(火)[シュリマットに従っていけば、ババの力が私たちを機能させます]

シュリマットに従っていけば、ババの力が私たちを機能させます。完全に依存した状態から、「一つの支え、一つの強さ」のところに行きます。依存の状態から即座にプラグを抜くわけにはいきませんが、シュリマットに従うことによって、ババが私たちを力で支えていきます。ババが力づけてくれる間は、絶対に疲れることはありません。確かに、過去のカルマを清算するのに寛容しなくてはいけない。それでも、ババのパワーがあなたに働きます。オファーした食べ物を食べていれば、その影響から免れます。

 

5/30(水)[シュリマットに従ってお金を使う]

シュリマットに従ってお金を使うというのは、どういうことでしょうか?(世界の利益の為にお金を使う)(お金というのは、単なる物質のエネルギーのことです。でも基本的に私たちはあらゆることに関して態度が純粋である必要があります)では、シュリマットに従うということによって、あなたの態度にどのようなことが起こりますか?態度をとても利他的なもの、恩恵を与えるものにしていきます。シュリマットに正確に従っていけば、あなたの態度はどんどん与えていくものになり、奪い取るものではなくなっていきます。自分が“それに執着しているから”使うということは決してありません。利益の為に何かを使います。しかも、管財人である必要があります。どんな利益があるか“あなたが選ぶことではない”のです

 

5/31(木)[完全な管財人になる:シュリマットに従って体を使う]

もう一つシュリマットに従うことは、完全な管財人になることです。全ての財産をただ管理している管財人です。そうすれば、オープンにアドバイスを受け取ることができます。「もしかしたら自分がしたくないことを頼んでくるのではないか」という恐れもありません。

 

最も難しいことは、自分自身の体の管財人になることです。私がババにサレンダーする前、何年もの間、二人のダディから「サレンダーしなさい」つまり「センターに住みなさい」と言われましたが、私はノーと言ってきました。何でその時サレンダーしたくなかったのかと振り返ってみると、自分の体をどのように使うかを自分がコントロールしていきたかったのです。もしサレンダーしたら、ダディたちが送るところに私は行かなきゃいけないからです。そしてババがゆっくりゆっくり私にたくさんの愛を与え、私の心を勝ち取りました。「はい、ババ分かりました。あなたのお望みどおりに。」

 

6/1(金)[自分のアイディア・意見に対する執着を手放す]

サレンダーした後も、もっと微妙な頑固さがやってきました。自分のアイディアや意見に対する執着です。「これはこうなるべきだ。」ダディジャンキとさえ議論したことがあるくらいです。インドから帰って来た次の日ワージングに行きなさいと言われました。「何で私を送るのだ」という反応が起きました。「ワージングに行ってどうするの?ここの方が手助けできるのに。」何でワージングに行くべきじゃないのかという理由を3ページの手紙に書きました。でもダディは聞いてくれなかったので、私はそこに行きました。二日後、ワージングでロキックのいとこがとても重症の病気になった。3週間、私は彼女の面倒をみました。

 

私はとても謙虚になりました。自分ではそれを認識できなかったからです。でもダディは何かをピックアップしたに違いありません。私の小さな脳は“ノー、ノー”と自分自身の理由を言ったのです。このような考えさえ手放すということは、自分のマンマットを手放すということです

 

6/2(土)[マンマットを手放せばババのマジックを見ることができる]

突然「ゴピ!」とダディが私を呼びました。「ムーニベンに会わせるためにダブルフォーリナーをここに連れてくる予定だったのに忘れていました。今、ダブルフォーリナーをここに連れてきてください!」「えー、今!?ダブルフォーリナーはみんなランチに行きました。シャンティバンはこんなに大きいのに、どうやって連れてくるというの?」ダディはドリシティをくれて「今、連れて来なさい。」それは私の背後まで貫くドリシティでした。

OK。これは8つの魂の中の一つの魂からの指示です。私に対してではなく、ドラマに対しての支持です。私の心によるとそれは不可能ですが、ドラマ、あなたはダディのベストフレンドなのですから、ドラマあなたがヘルプしなさい。」即座にダディゴザールとダディジャンキの車が現れました。「ダブルフォーリナーを連れて来なくちゃいけない。どこにいるか分からない」一人のブラザーがテレフォントランスポートに行って、バスを送り・・・ダブルフォーリナーを探し回りました。15分の間に250人のダブルフォーリナーが集まりました。マジックですね。もし私が自分自身の知力を使っていたとしたら、ババのマジックを見る機会を逃していたことでしょう

 

誰に指示を受けたか?それが重要になってきます。「ババが私にシュリマットをくれます。では従いましょう。」シュリマットに従えば、ババとの関係、信頼をもっと修繕していきますいつもその間に自分自身の知力を使っていたら、自分のババに対する信頼が欠けることになります。

「シニアに言われたことをして何か間違っても、あなたの責任ではないですよ」、この程度までババは私たちをケアフリーにしました。ババがどのように機能しているかをみたければ、シュリマットに従いなさい。これがババから来ているものだと感じた時、従うことに何のプレッシャーも義務も感じません。そして、従わないことに対する罪悪感もありません。与えているのはババだからです。

 

時々知力が必要以上に働きたがる時があります。それに気づくと、「ババだったら、どう考えるでしょうか?この場でババの指示だったらどうでしょうか?」と考えます。そしてババが私にして欲しいことをします。自分自身の意見があったとしても、それを言う必要はないんです。ドラマがそれを望むならシグナルをくれます。望まれていないのに自分の意見を言うことは反応をもたらします。これもまたカルマの勘定になります。あなたが意見を言った為に何らかの衝突が起こったら、それが何であっても、あなたの体に影響します。あなたが言ったことに対して誰かが無駄な考えを持ったら、それもあなたの体に影響します。マンマットに従うと、その影響を体に感じます。エネルギーレベルが下がってしまいます。

自分の考え、マンマットに従ってくということの影響が分かりましたか?

 

6/3(日)[自分の中のマンマットを観察し、シュリマットに従う]

マンマットに従うということは、正しい時に物事をしないということです。自分がしたい時にそれをやってしまう。そうすると、あなたに対してたくさんのたくさんの無駄な考えが出てきます。シュリマットに従うのが難しいということではありません。ババに従うことは魂にとって簡単です。けれども唯一の問題は、自分のマンマットに従うという習慣があることです。もしマンマットに従ったら、どうやってそれが分かりますか?(色んなことが円滑に行われなくなります)あなたの考えが自分をコントロールするようになります。マンマットに従うと自己認識を失っていきます。ほかには?(正確な行動ができなくなる)牛が中華料理店に入っていくようなものです。やり過ぎたり、やるべき時にやらない、どちらもありますね。たくさん考えが出てくる。シュリマットに従っていれば、一つの純粋な考えに従って行動していきます。

 

今日それを観察することがとても重要なことだと思います。私のマンマットが自分をどうやってコントロールしているのでしょうか?私は自分のマンマットをとても明確に気が付いています。状況をすぐに分析したくなる。人々との間に何が起きているのか、すぐに分析したくなる。これは私の法律家としてのトレーニングのためです。自分の中にそれが深くしみ込んでいます。サイレンスに行ってババと一緒にいて、どんな純粋な考えがやってきても、それに従って行動する。自分の純粋な考えに従って行動します。状況がこうだからということではありません。今日、実験してみて下さい。

 

 

誰がこの指示を与えてくれているのか?」が第一のことです。ここにおいて、ババは私に何をして欲しいのか?そうすると、今日はとても良い一日になると思いますよ。